地震に強い家づくり
制震ジーバ<GVA>のロゴマーク
制震ジーバ<GVA>のサイトメニュー
制震ジーバ<GVA> お施主様へ 工務店・設計事務所の皆様へ 耐震・制震について 制震Q&A リンク

 
 制震GVA工法とは

 制震フレームのしくみ

 制震ダンパー

 制震効果(実験)

 制震GVAユニットタイプ

 耐震改修で採用する場合

 GVA開発経緯

 井口名誉教授インタビュー
 
お探しのキーワードを入力して下さい

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

   
HOME > 耐震ジーバ<GVA> > 制震フレームのしくみ

 制震フレームのしくみ

 
 

制震ダンパーの働き

         
 建物が地震時に受ける振動エネルギーを受け止め、熱エネルギーに変換して発散することで被害を軽減します。 耐震、制震金物1
ダンパー金物部分のみ

制震ダンパー金物の構造

         
 GVA制震工法で使う制震ダンパー金物は鋼製の拘束板とアクリル製のエネルギー吸収材でできています。エネルギー吸収材を鋼製拘束板で挟み込んでおり、建物の振動と衝撃がしっかりと伝わり吸収できるようになっています。鋼製拘束板の部分は溶融亜鉛メッキ鋼板にリン酸亜鉛処理を施し、更にカチオン電着塗装処理を行った事で強靭な防腐加工となっています。粘弾性体は他の接着剤を使用せず、自己接着力で鋼製拘束板に接着しており接着層をつくりません。接着面部分に応力が集中しにくくなっており、拘束板から剥がれにくくなっています。
 現場で木部に接着施工する必要がなく、金物内で安定的に制震性能を発揮します。

震動エネルギー吸収体<VEM>
現場で木部に接着作業なし! 金物内で確実・安定的に制震性能発揮!
 
 
制震の潟Aイ・エム・エー 制震ジーバ<GVA>へメール
制震ジーバ<GVA>工法