制震ダンパー・制震装置・制震構造のGVA[ジーバ]システム

制震システム GVA「ジーバ」

GVA[ジーバ]の制震材

スリーエムジャパン製の制震材VEM

GVA[ジーバ]の制震ダンパーは、制震材(振動を吸収する部材)としてスリーエム ジャパン株式会社製のアクリル樹脂「VEM」を使用しています。 1969年、ニューヨークのワールドトレードセンターに採用されたのを皮切りに、世界中で多くの実績を持ち、 今では戸建住宅から超高層の構造物や、交通振動、風揺れから巨大地震まであらゆる振動対策で活躍しています。

巨大構造物の揺れも抑える制震材VEM

ブレース内の制震材

写真ではブレースの中央に制震ダンパーが設置されています。ビルが揺れると、ブレース中央の制震ダンパー部が伸縮します。伸縮する部分には制震材が組込まれており、制震効果を発揮、揺れにブレーキをかけます。

振動吸収効果、設置環境への適応力、耐久性に優れるVEMは、多くの構造物での採用実績があります。

東京都庁・横浜ランドマークタワー・代ゼミタワーオベリスク・ホテル京阪ユニバーサルシティー・エコパスタジアム

左から東京都庁・横浜ランドマークタワー・代ゼミタワーオベリスク・ホテル京阪ユニバーサルシティー・エコパスタジアム
他にも多くの構造物に採用されています。

GVA [ジーバ] の制震材は揺れを抑える効果がスゴイ!

揺れを止める原理は、クルマのブレーキと同じ!

ブレーキの仕組みの概念図

自動車のブレーキの場合、ブレーキパットとの摩擦によって、ディスクが動けなくなり、クルマの運動が抑えられます。

エネルギー的に言えば・・・
車の運動エネルギーが、摩擦熱(熱エネルギー)に変換されることで吸収されたとも言えます。

身動きが取れない分子、この働きでしっかりブレーキ!

通常時と地震時のVEMの変化の概念図

GVAのサーモグラフィ画像

ジーバの制震材VEMは長い分子の鎖が絡み合った構造をしています。
分子同士が摩擦しやすく、言わば「身動きが取れない」状態です。

この複雑な構造によって制震材が小さな変形エネルギーも拾い、熱エネルギーに変換して確実に揺れを吸収できるので、巨大構造物にも用いられています。

エネルギー的に言えば・・・
振動エネルギーが、摩擦熱(熱エネルギー)に変換されることで吸収されたとも言えます。

GVA[ジーバ]の特徴

お問合せ・資料請求

どんな小さな事でもお気軽にお問合せ下さい

 お問合せ・資料請求はこちら